2007-05-13から1日間の記事一覧

フッチャー石

南城市佐敷字手登根にあるフッチャー石。国道331号線沿いの下りのバス停留所「第二手登根」の左側の農道に入り、すぐに右折、そして左折。左手に見える小さな林の中に、この石が突き刺さっている。現地の説明板によると、尚巴志の弟である手登根大比屋が、手…

手登根殿

南城市佐敷字手登根にある手登根殿。国道331号線沿いの下りのバス停留所「第二手登根」の左側の農道に入り、突き当たりを左折する。そのまま道なりに進むと行き止まりになっており、そこに手登根殿がある。殿の周囲は有限会社与那嶺造園土木の「佐敷第三農園…

外間之殿

南城市佐敷字屋比久にある外間之殿。国道331号線沿いの上りのバス停留所「屋比久」の左側の路地の入口にある。かなり傾いていて今にも倒れそうだった建物の補強と、路地から殿のある場所へと上がる階段の整備が終ったようだったので、訪れてみた。殿の中に三…

屋比久グスク跡

南城市佐敷字屋比久にある、屋比久グスク跡へ。グスクの範囲がよく分からなかったのだけれど、とりあえず、屋比久児童公園とその東側の集落内を探索してみた。 屋比久児童公園の南端にあるカンジャラ嶽。『琉球国由来記』には「カミヂヤナノ嶽」(神名:ナカ…