うるま市

うるま市与那城屋平(海中道路、世開之碑)

与那城屋平の海中道路を自転車で渡ってみた。往復約 8.5km。 平安座海中大橋。 海中道路の中ほどにあるロードパークにて。 工事中の世開橋。 対岸の平安座島。 平安座島の入り口には世開之碑。 Uターン。沖に見えるのは浜比嘉島。 藪地島。

うるま市勝連南風原(浜崎の寺、クトジ御嶽、村獅子、カー、マンナカガー、拝所、慰霊碑)

梅雨の合間の晴れの日、うるま市勝連南風原へ。拠点にした、埋め立て地の端にある公園の駐車場。 漁港近くの集落の、北の外れにある浜崎の寺。たくさんのビジュルが祀られている。右側がイナグシー、左側がイキガシー。(A) 漁港の500メートルほど南東にある…

沖縄市海邦町、うるま市洲崎

中城湾の埋め立て地(沖縄市海邦町、うるま市須崎)を自転車でぶらり。ポタリング(我謝の拝所、与那原の龍宮神、津波古海岸の構造物) - 沖縄島の写真 と 糸満市潮崎町にて - 沖縄島の写真 の続き。日差しが強いと写真を撮る位置が制限されてやりづらい。カ…

うるま市与那城平安座(与佐次川)

平安座島の県道沿いに標識があったのでたどってみた。与佐次川。おもろさうしにも詠まれ、その碑が立てられている。 与佐次川から平安座の集落を望む。

うるま市与那城伊計(犬名河)

伊計島の西海岸にある犬名河の入口。「『犬名河』由来記」の碑が立てられている。 ここから崖の下まで石段を下る。 遠くに見えるシーバース。 石段。 犬名河。周辺に色々な施設の跡。 崖の中腹にツワブキの花が咲いていた。

うるま市与那城伊計(仲原遺跡)

うるま市与那城伊計、伊計島の畑地の真ん中にある仲原遺跡。 入口。巨大な斧の名標。 いくつか住居が復元されている。 土器の形の説明板。 茅葺きの復元住居。 こちらは茅を葺いていない住居。 左奥にある東屋。 中央奥にある構造物。何だろう。

うるま市勝連平安名(市立勝連図書館、外間家の高倉、ウーブ御嶽、平安名上グスク、土地改良記念碑、ワイトゥイ、フニグスク)

市立勝連図書館を拠点に、県道8号線の西側を散策。図書館には帰りに寄るつもりだったが、時間が無く。また後日。 駐車場の奥にあった「外間家の高倉」。 写真には撮らなかったが、近くの空き地の中に大きな木が生えていて、その根元に口の丸い石積みの井戸が…

うるま市勝連比嘉(比嘉港湾、鳥居のある墓、ハマガー、アマミチューの墓)

比嘉港湾 ハマガーの近くの坂の途中に階段があったので登ってみた。階段の先には鳥居があり、その向こう側には崖を利用した墓があった。墓の右手にある階段の先には鍾乳洞があった。中には厨子甕がいくつか。 浜比嘉大橋からアマミチューの墓へと向かう途中…

うるま市字安慶名(安慶名城跡)

前日の雨で多少ぬかるんでいる場所はあったものの、敷石や草の上を歩いていけたので、靴をあまり汚さずに済んだ。安慶名城跡は、街の中の公園の一画にあるということで、規模の小さな城跡かと思っていたのだけれど、岩山の上にどっしりと築かれた、結構大き…

うるま市石川(市民の森公園)

蝶のために植えられているトウワタ。面白い形の花。

与那城町字饒辺(屋慶名海峡)

与那城町の屋慶名展望台から屋慶名海峡を見下ろす、の図。気温は15℃くらいあったと思うけれど、風が強かったのでとても寒かった。今日は向こう岸の藪地島に行く予定だったが、島内の道は車が一台やっと通れる程度の砂利の一本道。車では進入したくない感じ。…

与那城町字上原(宮城島)

具志川市字赤野(天願川)

セイバンナスビ。 コサギ。

具志川市喜仲(喜屋武マーブ公園(喜屋武城跡))

具志川市の安慶名城跡に行くつもりだったが、途中で「喜屋武城跡 XXXm」という道路標識を見つけたので、目的地を安慶名城跡から喜屋武城跡に変更。標識は交差点など要所要所にちゃんと設置されているが、肝心の目的地には目印になるものがまったくなくて迷っ…

勝連町字南風原(勝連城跡)

具志川市字洲崎(新夢咲公園)

ハナゾノツクバネウツギ。

石川市石川(石川市民の森)

勝連町字浜(浜漁港緑地公園)

勝連町字比嘉(兼久ビーチ)

勝連町字比嘉(シルミチュー)

与那城町字平安座

与那城町字池味(伊計大橋)

与那城町字屋平(海中道路)

具志川市字州崎

具志川市字州崎