読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中城村護佐丸歴史資料図書館『〜戦後写真展 in 中城〜 笑顔が戻った日』

表題の写真展を観るため、新垣に新しくできた護佐丸歴史資料図書館へ。戦後復興期の沖縄各地の様子を写したたくさんの写真を展示。とても見応えがあった。 loh530.ti-da.net

ポタリング

泊にて(ウヨーグスク、東カー、ウスデークガー、お宮)

泊交差点から山に向かう道に入り、100メートルほど進んだ辺り。道の先の右手に見える大きな木の辺りにいくつか岩がある。その一帯がウヨーグスク。 ウヨーグスクの道向かいには東カー。 東カーの北側の路地沿いにある、ウスデークガー。 お宮。泊集落の北側…

伊舎堂にて(産井戸)

中城村老人福祉センターから国道329号線を北中城向けに300メートルほど進んだ辺り。国道から山の方へと延びる一本道の終端(国道から60mくらい)に、産井戸(ウブガー)がある。 石積みで方形に囲われた井戸口。香炉が二基。 参考文献『中城村の文化財 第5集…

ポタリング

津覇にて(上津覇拝所)

津覇集落の北西の斜面にある上津覇拝所へ。奥間から南上原に登る坂経由で車で直接行けるが、今回は集落から山道を歩いて。国道329号線沿い、津覇小学校の北隣の路地に入る。 小学校から高台へ続く避難路を歩く。アスファルトと階段の道がしばらく続く。 途中…

泊にて(拝所)

泊交差点から西へ100メートルほど進んだあたりにある、石が祀られた拝所。 参考文献『中城村の文化財 第5集 中城村の拝所』2004年3月、中城村教育委員会 p85 地図の同所に「フッチャヌメーグヮ」と図示されている。

泊にて(上久場之殿)

久場公民館横の坂を 1km ほど登った左手にある「上久場之殿(トゥンナー)」と書かれた標識。上久場之殿は久場の拝所だが、所在地の住所はおそらく泊。坂をさらに 100m ほど登った右手には、護佐丸之墓に続く道の入口がある。 標識から斜面を 100m ほど下っ…

ポタリング

月を追いながら村内を北上。津覇の海岸にて。 伊舎堂のさとうきび畑の道。 泊の海岸にて。

和宇慶にて(統合拝所)

和宇慶の統合拝所。入口から時計回りに以下の拝所がある。ビヅル神、ビヅル御井、安里御井、中軸之御井、火之神、「平和」碑、外間御井、世利御井、竜宮御神・東世御通。入口左手に「土地改良地域・統合拝所乃碑」の石碑が立てられている。

奥間にて(中城浜漁港、濱龍宮神)

奥間の中城浜漁港。いたるところに漁具や船具が散乱し放置されていて寂れた感じだが、人はたくさんいて活気はある。変な雰囲気。北の出入り口近くには濱龍宮神の祠。

津覇にて(中城龍宮神)

津覇の海岸にある中城龍宮神の祠。真新しい名標と赤い屋根の祠。祠の中には大きな石が一個、手前には香炉が一基。祠の近くには石彫りの屋根っぽいものが置かれていた。

北浜公民館

北浜の海岸沿いにある北浜公民館。公民館の前庭は、遊具のある北浜児童公園。公民館の横・後方には大きな広場。広場の奥にコンクリート・ブロックの祠。祠の中には数個の石が納められている。

南浜の海岸

南西石油の北隣の海岸。

津覇にて

公民館跡の広場の片隅にある殿小。 津覇の龕屋。津覇小学校の裏(西)、駐車場の北隣にある。 富里之嶽。津覇の龕屋の横の坂道を80メートルほど登ったところ、左手に見えるこんもりとした林の中にある。

安里にて

国道329号線沿いの街路樹。チンマーサーやチンマーサーっぽいものを見つけたら写真に収めていこうと思う。すぐに忘れてしまって、続けられそうにないけれど。 バス停留所「安里」にある、護佐丸バスのりばの標識。 安里公民館。国道329号線の山手側の集落内…

ポタリング(西原町小波津:ソニー坊や、中城村屋宜:拝所)

クリスマス飾りも残しつつ正月の装いのソニー坊や。西原町字兼久にて。 与那城交差点の工事。いつ終わるのだろう。西原町字小波津にて。 中城小学校の北の道向かいにある拝所。大きな祠のカーと、小さな祠の拝所。中城村字屋宜にて。 吉の浦会館の向かいに建…

屋宜にて

井戸の周りに「チンジャーガー」と「トーバルガー」の拝泉、「カクリジカ」の祠。

伊舎堂、泊にて

伊舎堂の海岸にて。龍宮神。 泊の海岸にて。

ポタリング

夜ポタリング。泊のタンク。 渡久地交差点。 遠乗りの練習で片道20kmほど走ろうと思っていたが、少し足りないが切りがいいのでここで折り返す。 中城モールの鯨。

ポタリング

与那原町〜中城村の海岸沿いをぶらぶら。 板良敷の海岸通り。暑くなりそうなので、風のありそうな所を選んで走る。 奥間の海岸側の集落の入口にある拝所。左側の祠の中には「御守神」と書かれた碑が納められている。 沖縄そば専門店ちゅるげーそばの駐車場に…

ポタリング(ソニー坊や、ノロー殿、玉城之殿、拝所、地頭殿、幻のウブガー、ウガンジュ、カー)

与那原交差点から国道329号線を北上、中城モール辺りで折り返し、帰りは海側を。32.41 km、03:11:10。与那原小学校の辺り。ここからひたすら北上。晴れていたので両腕と顔を日焼けしてしまった。 柔道着のソニー坊や。 ハートライフ病院近くの坂。以前逆向き…

中城村にて(安里:安里のテラ、当間:拝所、泊:泊区民館(慰霊之碑、リュウグウ、ヒヌカン)、うたき、大クワディサー、ウブガー、和宇慶:和宇慶公民館、拝所)

中城村の南浜から泊まで、海岸側を自転車で縦断。国道コースとは違い起伏が少ないので楽に走れた。33.22 km、02:58:05。文化財整備工事中の安里のテラ。工期は平成26年2月28日まで。テラを隠していた一帯の雑木林が伐採され、なんともすっきりとした様相に。…

屋宜にて(屋宜の海岸、屋宜湊干瀬ノ御イベ)

国道329号線の信号「屋宜」から東へ。1キロメートルほど道なりに進むと海岸に突き当たる。 いったん海岸を南下、北に向かって歩く。屋宜と当間の境目辺りから、屋宜の海岸の全景。 ゴルフ・レンジ、ゴルフゴルフのネット。 階段。 浜へ降りる階段。この先の…

中頭方東海道「ハンタ道」東太陽橋からキシマコノ嶽まで

中頭方東海道「ハンタ道」の東太陽橋からキシマコノ嶽まで、往復4キロメートル強を歩いてみた。ちょうど2時間かかった。 天気は晴れ、気温24度、湿度70パーセント、南南東6~8m/sの風。陽が射している場所は少し暑いが、太平洋から吹き付ける、丘陵の斜面を駆…

中頭方東海道「ハンタ道」ペリーの旗立岩から中城城跡手前まで

中頭方東海道「ハンタ道」の、ペリーの旗立岩から中城城跡手前まで、歩ける部分を歩いてみた。途中にあるギイスのテラを見つけるのが目的。 ペリーの旗立岩の駐車場に車を停め、ハンタ道を歩き出すもいきなり通行禁止。オーシャンキャッスルカントリークラブ…

東太陽橋、糸蒲の塔

東太陽橋へ。東太陽橋は、サンエーなかぐすく店の裏にある。橋の上にある『中頭方東海道「ハンタ道」〜歴史の道とその周辺の文化財〜』という掲示板がめあて。 掲示板に記されていた一番近い文化財「糸蒲の嶽」を探してハンタ道を南へと歩いてみたが見つから…

津覇之寺、津覇のトーチカ

津覇集落の南の外れにある津覇之寺へ。案内板などの目印はないが、周囲の畑よりも背の高い小さな雑木林の中にあるのですぐに分かる。寺の左後方には六角形のトーチカ。

台グスク

中城城跡に行ったついでに、近くにある台グスクにも寄ってみた。グスク頂部からの眺めは、相変わらずの絶景。台グスクに行く道の途中に、林の中へと続く小道を見つけたので、ちょっとだけ入ってみた。三角点と、崖葬の墓があった。その小道は、ひょっとした…

中城城跡の井戸、狭間

中城城跡へ。城跡内外にある三つの井戸と、城壁のところどころに空けられている狭間と思しき穴を確認。カンジャーガマの近くに、「カーブヤーガマ」「カニマンの墓」という二つの標識が掲示されていたが、指し示す先は立入禁止になっていた。整備がすすめば…

伊集世持殿

中城村の伊集集落後方にある伊集世持殿。伊集ノロ殿内横のコンクリートの坂道をしばらく上った右手にある。ノロ殿内や世持殿は、伊集集落の後方に立っている二本の送電線の鉄塔のちょうど中間くらいにある。

伊集ノロ殿内

中城村の伊集集落後方にある伊集ノロ殿内。伊集構造改善センターの北側の路地を西に進み、二番目の角を右折、すぐに左折。ゲートボール場後方の林の手前に写真の建物がある。ここには伊集ノロ火之神が祀られているようだが、アルミのガラス戸で閉じられ、建…

伊集の拝所

中城村の伊集集落へ。西原町のニューマンの前の坂道を下り、中城村に入って最初の信号を左折して集落内に入る。馬場っぽい幅の広い路地を真っ直ぐ進み、突き当たりを左に曲がると、遊具のある小さな公園が左手に見える。写真は、その公園の右側にある拝所。…

伊舎堂の海岸

今日予定していた伊舎堂集落巡りが思ったよりも短い時間で済んだので、海に出て堤防沿いを散歩した。海岸沿いには、工場や倉庫のような大きな建物が並んでいる。堤防には、犬を散歩させている人、釣りをしている人が数組。

伊舎堂の三本榕

中城村字伊舎堂の集落内にある、三本のガジュマルの木。伊舎堂駐在所の左隣にある。路地から見て左側に「三本榕」の石碑が、右側に火之神と思しき三つの石が置かれている。中城村のウェブ・サイトによると、このガジュマルの木は、この地に移動してきた三組…

伊舎堂のお宮

中城村字伊舎堂の集落内にある、鳥居のあるお宮。中城村第二保育所の西隣の区画の半分ほどが広場になっており、その奥にこのお宮がある。中城村のウェブ・サイトによると、台グスク近くにあった伊舎堂集落がこの地に移転した際、火之神を移したのがこのお宮…

伊舎堂公民館の拝所

中城村字伊舎堂の公民館にある拝所。祠の前に香炉が二基置かれ、祠の中には数個の石が祀られていた。拝所へと続く参道沿いには、井戸の拝所もあった。公民館の入口は閉じられていたが、御願のための小さな裏口があったので、そこから敷地内に入った。公民館…

花の伊舎堂、リンクンガー

中城村字伊舎堂へ。国道329号線沿いにある非常駐車帯の後方一帯は、斜面上に造られた遊歩道のある公園になっている。公園の駐車帯側に歌碑「花の伊舎堂」、集落側路地沿いに井戸「リンクンガー」がある。 花の伊舎堂歌碑 中城伊舎堂を詠んだ琉歌が刻まれてい…

安里のテラ

中城村字安里にある、安里のテラへ。ウェブで見つけた地図が不正確で、テラの場所を探すのに難儀してしまった。吉の浦公園を出発点にすると分かりやすい。公園から出て、最初に左折できるところを左折。その路地を道なりに三、四百メートルほど進むと、右手…

中城城跡

「伊舎堂のカー」と「伊舎堂の殿」の確認のため、中城城跡へ。カーの標識はすぐに見つけられたものの、その周囲は雑草に覆われていて、井戸の場所ははっきりとは分からなかった。とりあえず、草むらから少しだけ顔を覗かせていた水溜めの囲いと思しきコンク…

ナカミチ

県道35号線に戻り、若南ビラ石畳入口の向かいにある、ナカミチに入ってみた。集落の中を通る、石畳の路地。

若南ビラ石畳

新垣区民館の近くに入口がある若南ビラ石畳を歩いてみた。どこからどこまでが若南ビラ石畳なのかよく分からなかったのだけれど、とりあえず、それらしい石畳の道を終端まで歩いてみた。石畳道は、写真の遠くの方に見えている山の麓まで続いていた。五百メー…

新垣グスク

ここも再訪。ワイヤー・ロープで固定されていた、いまにも崩れ落ちそうだった入口が新しく作り直されていた。入口からグスク内へと続く石段も新しくなっている。ここはじっくりと観て回りたかったのだけれど、先日までの雨でぬかるんだ土がまだ乾いておらず…

ペリーの旗立岩

電柱の向こう側に見えている岩が、ペリーの旗立岩。ここは以前にも訪れたことがあるけれど、今回は、岩の近くまで行けるかどうか、周囲を調べてみた。農道が一本、岩の近くを通ってはいるものの、岩まで通じている道は見つけることができなかった。岩に行く…

ペリーの旗立岩

新垣グスクから北へ三百メートルほど歩いたところには、「ペリーの旗立岩」という史跡(岩山)がある。ペリー提督一行が、沖縄本島探検の途中でその岩山の側で休憩し、岩山の上に星条旗を立てて岩山征服記念に祝砲を撃ったとのこと。その岩山には「ターチー…

新垣グスク

字新垣の新垣グスクへ。「中頭方東海道」という、首里城を起点とし、うるま市の勝連城に至る古い道があり、新垣グスクは、その道の中城村を縦断する部分「ハンタ道」の中途にある。ハンタ道は散策コースとして整備され、綺麗な石畳道になっている。新垣グス…

護佐丸之墓

護佐丸之墓は、台グスクから少し南に下った場所にある。しかし、台グスクから直接は行けそうになかったので、いったん丘から降り、丘の反対側へくるっと回り込んで再び登った。墓は森の中の細い階段を百メートルほど登ったところにあった。立派な亀甲墓。巨…

台グスク

世界遺産・中城城跡のすぐ近くにある台グスクへ。グスクの一番高いところに石積みで囲われた小さな拝所があり、その近くの岩陰にも拝所らしい場所が一カ所あるのみだった。グスクは丘陵の頂上にあり、眺めがとても良かった。太平洋側の景色を二百七十度見渡…

中城城跡にて

吉の浦公園にて