読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八重瀬町

安里にて(慶座井・慶座絶壁)

久しぶりに慶座絶壁へ。進入路の終端はロータリーのようになっていて、駐車禁止に。 慶座井の降り口の手前には、コンクリートの輪っかが置かれていた。中にはお香が焚かれた跡。降りられない人のための遥拝所かな。 蒸し暑かったが、頑張って海岸まで降りて…

具志頭にて(具志頭園地・海浜地区)

久しぶりに具志頭浜へ。東屋の近くで工事。何か作るのだろうか。自分の他には釣り人数名、ボルダリングの人数名。

富盛にて(八重瀬公園、八重瀬グスク、富盛の石彫大獅子、主ヌ前井泉と上之拝所、拝所)

主に使っていたカメラ GR digital III が壊れたので、GR II に買い替え。試し撮りに八重瀬公園へ。縦横比の標準値が 4:3 から 3:2 に変わり、上下の狭さに戸惑う。慣れるのに時間がかかりそう。 公園内にある八重瀬グスク。 移動して、富盛の石彫大獅子のい…

道すがら

富盛にて(石灯籠、拝所、午之方イビ神)

陸上自衛隊八重瀬分屯地と那覇ゴルフ倶楽部の境にある遥拝所『石灯籠』。 石灯籠の100メートルほど北にある祠。 午之方イビ神。八重瀬公園西部の林の中にある。

ポタリング(富盛:石灯籠、祠、午之方イビ神)

八重瀬岳へ。八重瀬公園の駐車場に車を停める。暑さのせいか他に誰もいない。 アオサギのような佇まいのハーベスター。 八重瀬岳の上にある自衛隊分屯地に続く一本道。 石灯籠。八重瀬岳にある御嶽への遥拝所。 駐屯地(左)と那覇ゴルフ倶楽部(右)の境に…

ポタリング

具志頭にて(カー、ゆったちじょうのお嶽、ヌヌマチガマ・ガラビガマ)

具志頭(東)交差点から、おきなわワールド向けに100メートルほど進んだ辺り。文化財標柱が立てられているが文字は読み取れず。「川平良井グワァー」と書かれているのかな? 白水川の河口近く、車海老の養殖場の東側を通る農道沿いにある、ゆったちじょうの…

富盛にて(中間之御嶽、ビロウ之御嶽、比嘉森之御嶽、山井泉、八重瀬の塔)

八重瀬公園で寒緋桜と園内の御嶽を見て回ろうと思っていたが、駐車場が満杯で入れず。あきらめて集落と公園の周囲を散策。 富盛の石彫大獅子に行く道の入り口にある中間之御嶽。 そのすぐ近くにあるビロウ之御嶽。 同じく比嘉森之御嶽。 集落内にあった、割…

東風平にて(午ヌ方の獅子)

東風平交差点の南側の集落の真ん中あたりに午ヌ方の獅子がいる。ブロックと金網で囲われた小さな空き地の奥に鎮座。 参考文献 『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年3月、東風平町教育委員会 p26 『午ヌ方の獅子(八重瀬向き)』、p32-A 『(19) 午ヌ方の獅子』

東風平にて(卯ヌ方の獅子)

卯ヌ方の獅子は、字東風平にある八重瀬町公営住宅1号棟の通路の突き当たりに鎮座。 参考文献 『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年3月、東風平町教育委員会 p26 『卯ヌ方の獅子(町営アパートの後)』、p32-A『(18) 卯ヌ方の獅子』

宜次にて(弾痕のある製糖所煙突跡)

字宜次にある製糖所煙突跡へ。煙突跡は、饒波川に架かる溝原橋の南、120メートルほどのところにある。糸満市字武富との境目のあたり。 参考文献 『八重瀬町観光ホームページ』 「弾痕のある製糖所煙突跡(建造物・戦争遺跡)」写真。

友利にて(八重瀬公園の鍾馗水仙)

鍾馗水仙を観に八重瀬公園へ。グスク跡で3株ほど確認。例年ついでに見つけるキノコは、今年は見られず。相変わらず蚊が多い。駐車場からグスク跡に至る桜並木にはたくさんの蝶。

新城にて(石獅子二体)

展望台の下に居る新城の石獅子。展望台の入口は配水池の柵の右側。何度行っても間違える。 新城城。巨大シーサーの相変わらずの存在感。 もう一体の新城の石獅子。路地の脇の小さなスペースの真ん中で、お尻をこちらに向けて立っている。

富盛にて(八重瀬公園、富盛公民館、火ヌ神、ビロウ門拝所)

八重瀬公園の寒緋桜をチェック。桜はもうそろそろ、コスモスは見頃。 富盛公民館。建物の手前に火ヌ神の祠。 集落内にあるビロウ門拝所。

世名城にて

県道15号線。バス停留所「世名城」から山の方へ。 外間之殿。「外間之殿 司宰 川門」と刻まれた名標、林縁に弧状に並べられた数個の石。香炉などは見当たらなかった。(A) 岸本之殿。「岸本之殿 司宰 志本」と刻まれた名標、三つの拝所。(B) 仲村渠之殿。読み…

富盛にて

八重瀬公園の寒緋桜。花はまだまだ。

ポタリング

上間交差点の南東の角にあった「旧一日橋跡」の説明板。いつか明るいときに写真を撮りにこよう。 津嘉山バイパス(507号線)に入り、ひたすら南下。怪しい人型。具志頭交差点で折り返し。 津嘉山バイパスを戻る。バス停留所「伊覇公民館前」の拝所。伊覇自治…

東風平運動公園

公園内を散策。謝花昇像を確認。

垣門井

東風平運動公園のサッカー場、ゲートボール場の東側の道を、南に少し下ったカーブの当たりにある拝所。 区画整理工事のためここに移動した旨の案内板。別の案内板には「仮移設場所」との記載があったので、工事が終わったらまた移動されるのかもしれない。 …

産ガー?

東風平運動公園の東側の道から、井戸のような構造物が見えた。産ガーだと思うが要確認。 草に覆われそうな赤瓦葺き屋根。

獅子森

字東風平。東風平運動公園陸上競技場の東側駐車場から集落へと降りる道の途中にある獅子森。 階段を上がった正面にある「獅子森」の名標。 右手にある拝所。 『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年 東風平町教育委員会 p27 に「シーサー毛ー」〔ママ〕と記載。…

イラミナ之嶽

東風平運動公園陸上競技場の東側にある丘陵。周辺の歩けるところを歩いてみたが、拝所などは見当たらなかった。 『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年 東風平町教育委員会 p17 に記載。写真は遠景。 p32-A に地図。

フクギ並木

八重瀬町立具志頭歴史民俗資料館・図書館(写真左の建物)の横、国道沿いに170メートルほど続くフクギ並木。 具志頭小学校発祥の地の碑。 フクギ並木の石垣に石獅子。アップで撮るのを忘れた。 フクギの根元。 歩道側の様子。 粟石が使われている。

八重瀬町立具志頭歴史民俗資料館・図書館

図書館へ。行ったが休館だった。文化の日なので無料だよと勧められた資料館を見学。港川人、戦中戦後、民具の展示が充実。長居してしまった。

カミジャナノ嶽

八重瀬町営住宅西部団地の横のコンクリートの坂道を上り詰める少し手前、左手にあるコンクリートの階段に入る。右下に見えるのは中間之殿の祠。 数十メートルほど入り、分岐を左に進み少し下ると、カミジャナノ嶽がある。 『殿・御嶽・井戸調査報告書』(200…

中間之殿

八重瀬町営住宅西部団地の横のコンクリートの坂道を上り詰める少し手前。右手に中間之殿の祠がある。 『殿・御嶽・井戸調査報告書』(2003年3月 東風平町教育委員会)に、以下の記載がある。 p92 中間之殿、写真 p98-A 地図 (5) 仲間之殿

御願小之嶽

県道134号線のバス停留所「志多伯」の左横の路地に入り、180メートルほど坂を上った辺り。真ん中の木の根元には「ミルク川神」の標柱。左手前の敷地内には小さな祠の拝所もあった。 裏側に「御願小之お岳」の標柱。 『殿・御嶽・井戸調査報告書』(2003年3月…

中之殿、中ヌカー

県道134号線沿いにある大きな木、赤瓦葺き屋根の大きな祠が目印。志多伯交差点から西へ270メートルほどのところ。 祠の前面右に名標が掲げられていたような跡があるが。 祠の右後方にある中之殿の拝所。「中ヌお岳」の名標が立てられている。 祠の左後方にあ…

午ヌ端の石獅子

おおよその場所しか分からなかったので、うろ覚えでとりあえず公民館へ。県道77号線沿いにある志多伯公民館の標識。県道をまっすぐ、150メートルほど行くと志多伯交差点。 公民館の周囲の路地をぐるぐる歩くが見つからず。WEB で検索。 公民館の敷地内にある…

酉ヌ端の石獅子

西部プラザ公園の野球場の駐車場から、志多伯交差点に向かって、県道134号線を100メートルほど歩いたところ。バス停留所「志多伯」の手前で右手の道に入る。 道に入るとすぐ、目の前に見える、低いブロック塀で囲まれたゲートボール場のような小さな広場。 …

八重瀬公園

鍾馗水仙を見るため、八重瀬公園へ。 公園入口にある、白梅学徒看護隊の説明板が新しくなっていた。 白梅学徒病院壕。壕の上の崖淵に、たくさんの鍾馗水仙が咲いていた。 八重瀬グスク本殿跡。雨の後だったので奥には入らず。城火之神の祠の後ろに鍾馗水仙が…

安里の石獅子

安里集落の西のはずれに鎮座。

新殿地公園

安里集落の北の外れにある新殿地公園。入口には「新殿地(みいどぅんち)公園」と刻まれた大きな名標。 公園内の根屋。

殿武林

座嘉武原遺跡の横の道に入り、100メートル程進む。 道は行き止まりになっていて、右手に殿武林(でぃんぶり?)の史跡標柱がある。岩があり、その下は香炉が置かれた拝所になっている。

座嘉武井公園

安里集落の北のはずれの農地の中にある。入口には「座嘉武井(ざかんがー)公園」と刻まれた大きな標柱。 入口の裏に、柵で囲まれた水溜め。石垣の上のほうに香炉が埋め込まれている。 下流にある、飛び石が置かれた池。

孝神堂

孝神堂(こうしんどう?)は安里集落の北の外れにあり、農道沿いに史跡名が記載された標柱が立てられている。 入口に背を向ける北向きの祠。広い前庭。 祠の中には香炉が一基。

座嘉武原遺跡

八重瀬町字安里の座嘉武原遺跡へ。沖縄県地図情報システムには「ザカン原遺跡(ざかんばるいせき)」と記載。 座嘉武原遺跡は安里集落の北の外れにある。農道沿いに、遺跡名が記載された標柱が立てられている。 標柱の後方の林の中に、石組みの北向きの祠。…

具志頭園地・海浜地区

字具志頭の具志頭園地・海浜地区へ。駐車場に車を停め、東屋の脇から林縁沿いを歩く。 駐車場から100メートルほど歩いたところにある廃墟への入口。人の気配がしたのでここには入らず。 そのすぐ左、遊歩道の入口にある廃墟。『具志頭村史 第四巻 村落編』(…

八重瀬町立具志頭歴史民俗資料館・図書館

字具志頭にある八重瀬町立歴史民俗資料館・図書館へ。図書館は左奥の入口を入って左。

八重瀬町中央公民館図書室

字東風平にある八重瀬町中央公民館図書室へ。図書室は二階の左。

イハムラガー

東風平(北)交差点から西に180メートルほど進んだところで左手に何か見えたので、車を停めて写真を撮る。歩道の植え込み用スペースに「イハムラガー」の石標が立てられ、その隣に輪っかと香炉が設置されていた。 参考文献 『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003…

卯ヌ端の夫婦獅子(確認できず)

字志多伯の卯ヌ端の夫婦獅子を探すも見つからず。『殿・御嶽・井戸調査報告書』(東風平町教育委員会、2003年3月)に掲載されていた位置図(p98-A (12))の場所に行ってみたが、さとうきび畑だった。石獅子の写真(p95)が間違っているので、位置図も間違っ…

県道77号線にて

県道77号線を東風平から志多伯に向けとぼとぼ歩く。東風平運動公園遠景。 志多伯(東)交差点。

酉ヌ方の獅子

字東風平の酉ヌ方の獅子。八重瀬町役場東風平庁舎の北東約200メートルほどのところ。古い方の県道77号線に入ってすぐ右折、路地を20メートルほど入った右手に鎮座。獅子の右隣にある台座跡っぽいものが気になる。 『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年3月 東…

子ヌ方の獅子

字東風平の子ヌ方の獅子。個人宅の前の龕屋(だと思う)のある駐車場(私有地かも)を通り抜けると開けた場所があり、ブロック塀の角に石獅子が鎮座。 『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年3月 東風平町教育委員会 p26 「子ヌ方の獅子(ガン屋の後)」 p32-A …

東風平運動公園にて

東風平運動公園の南部にある野球場とテニスコートの間の出入り口。Google マップでは写真の小道と交差している小道があるように見えたので、そこを通ろうと思っていたのだけれど、実際にはトンネルでの立体交差で、行き合うことはできなかった。数百メートル…

雄樋川大橋

雄樋川大橋から港川漁港の遠景をぱちり。

港川漁港

港川漁港で取り留めなく撮影。謎の巨大オブジェ、釣り人、船、その他。 漁港があるのに猫がいないなと思ったけど、帰り際、立て続けに三匹と遭遇。 石敢当へまっしぐら。猫には効かないようだ。

唐の船御嶽

県道17号線を雄樋川に沿いに進み、雄樋川大橋の下をくぐって80メートルほどのところ、左手の路地に入る。大きな粟石の塀が目印。路地に入ってすぐ、左手に唐の船御嶽の短い階段が見える。 近くにある、とある遺跡の入口。標柱の文字がテープで隠されていた。…