南城市

玉城字當山にて(石獅子4体、伊森祝女殿内、拝所)

玉城郵便局の裏の路地に入り、200メートルほど進んだところにある六叉路にいる石獅子。 當山公民館の100メートルほど東、舗装されていない農道沿いにいる石獅子。 當山区公民館の石獅子。 伊森祝女殿内。當山公民館前の路地を100メートルほど東へ進んだとこ…

玉城字富里にて(百十踏揚の墓、南城市陸上競技場、石獅子(なし))

百十踏揚の墓を再訪。正面から撮った写真が一枚もなかったのでパチリ。 墓の前に広がる南城市陸上競技場。 木造トタン屋根の古い養鶏場?跡。 玉城幼稚園の裏から陸上競技場に下りる坂の途中。『南城市遺跡分布地図』のこの辺りに石獅子が図示されていたが、…

佐敷字小谷にて(美ら石、トンネルガジュマル2世、下茂の井、拝所、神座敷、土帝君、農村広場、慰霊塔、石畳道、公民館、中の井、上の井、タカンリ)

県道137号線沿いのバス停留所「小谷」。向かって左、山手にある集落内を散策。オープンガーデン(南城市憩いのオープンガーデン 2015秋 | らしいね南城市)と小谷まーい(懐かしさを歩く。小谷まーい | らしいね南城市)のイベントが催されていたようで、集…

津波古公民館『古写真トーク 〜 in 南城市 旧佐敷町津波古区』

津波古公民館で開催されたイベントに参加。主に戦後の津波古区の写真を、現在の写真と比較しながら紹介。逐次、参加者からの情報の訂正や補足があり、スライドの内容がその場で更新されるという、ギブ&テイクな形式で進行。ほとんどが生まれる前の話だった…

大里字稲嶺にて

県道48号線から稲嶺集落を見下ろす。

佐敷字新里にて

新里坂から。

佐敷字屋比久にて(下ヌ殿)

佐敷字屋比久の下ヌ殿。以前訪れた時にはなかった「下ヌ殿」の名標が新しく設置されていた。 参考文献 『南城市遺跡分布地図』 上記の場所に「下ヌ殿」が図示されている。 『佐敷町史』 「民族地図 地名・旧跡一覧」の「外間・屋比久・伊原」に「(32) 下ノ殿…

海野漁港にて

知念字海野の漁港にて。さすがに盆の夜に釣りをしている人はいなかった。

知念字知名にて

知名集落の山側(西側)の路地沿いにあるヌンドンチ。 知名殿。ヌンドンチの40メートルほど北、同じ路地沿いに入り口がある。祠の近くに、小さなニービ石が立てられていた。何だろう。 知名殿の40メートルほど北にある知名御川。東御廻りの巡拝地の一つ。 参…

知念字久原(ヘーチガマ)

久原児童体育館の左斜め後方にある。「ヘーチガマ 石灰を取るため海石を焼いた灰ヤチガマ跡 現在は豊漁と海の安全を祈るう拝所です」と手書きの説明板。 参考 『知念村の御嶽と殿と御願行事』知念村文化協会学術部・編 p251「(4) ヘイチガマ」

富祖崎のシーサー

佐敷字富祖崎のシーサー。富祖崎公民館の北100メートルほどのところにある三叉路に鎮座。指のある大きな足が可愛い。

夜ポタリング

黄昏時から深夜にかけてポタリング。あれがデネブ、アルタイル、ベ〜ガ〜♪ も撮ったけど、三脚を忘れたのでブレブレ。

馬天大通り

馬天大通りの定点観測。柵で囲われた空き地が少し増えた。

知念岬公園にて

佐敷にて

佐敷区内を自転車でぶらっと。

知念字久原、知名、安座真にて

月明かり色々。

南城市佐敷字佐敷(佐敷干潟、シュガーホール)

知念字海野にて

海野漁港にて。

知念字海野にて

海野漁港にて。

佐敷字仲伊保にて

佐敷マリーナ跡。 佐敷マリーナ跡の近くにある船溜まり。入り口近くに小さな祠。

佐敷字冨祖崎にて

浜崎橋近くの冨祖崎区フラワー園。

佐敷字新里にて

さとうきび畑を通り抜けて海岸へ。

大里字大城にて

稲福の集落内に、史跡などが図示されたガイドマップが新しく設置されていた。

安座真にて

奥武島にて

中本てんぷら店にて、もずく、アーサ、さかな(まぐろ)のてんぷらを。

ポタリング

買物の後、ポタリング。いつものジェルパッド入りのインナーを履き忘れたけど、痛くはならなかった。信号待ちでは降りて、漕ぎ出しや段差を越えるときには腰を浮かせて、というふうに、座りっぱなしにならないようにしていれば2〜3時間は大丈夫そう。

佐敷字新里、津波古にて

馬天大通り+α。国道331号線の交差点「新里」から「津波古」まで。拡幅工事のため、すごい勢いで沿道の建物が解体されていっているので、写真に撮って残しておこうと。

ポタリング

ここのところ天気が悪かったり蒸し暑かったりで乗れなかったので、久しぶりのポタリング。体が温まるまでは肌寒いけれど、半袖Tシャツでも問題無い気温。海野漁港にて。 安座真漁港にて。

ポタリング

知念〜佐敷の海岸沿いをポタリング。

ポタリング

仲伊保のチンマーサー。手前の街灯の柱に「平成6年度宝くじ助成施設」と書いてあった。 海野漁港にて。モクマオウの木と古い建物とで良い感じの写真が撮れそうな気がするのだけれどどうにも。 安座真さんさんビーチにて。なんじぃカーが停まっていた。道向か…

夜ポタリング

久しぶりに夜ポタリング。ニライ橋・カナイ橋を上った先にある坂。知念半島時計回りコースでは、ここと、安座真のバス停のところ、斎場御嶽のところの坂が、自転車で登るにはきつい。 風車。両端の二本がそう。回っている羽は写らなかった。 玉城那覇自転車…

ポタリング

ストレスフルな 13" ノートでの e-Tax 作業の気分転換にポタリング。沖縄験潮場にて。 国道からウローカーへと続く道。草が刈られて、奥の方では工事をしているようだった。立ち入り禁止が解除されて、見学できるようになるのかな。 ニライ橋・カナイ橋にて…

佐敷字富祖崎にて

集落内の拝所。

佐敷字屋比久にて

バス停留所「屋比久」近くの下り坂を少し入ったところにある外間のシーサー。 さらに100メートルほど進んだところにある外間公民館。

佐敷字伊原にて

伊原運動広場にて。片隅に慰霊之塔。

佐敷字手登根にて

浜崎川沿い、橋のたもとにある祠。

浜崎川

浜崎川を遡上する。並木の桜は、満開の木があったり、ほとんど花をつけていない木があったり。

佐敷字新里にて

場天御嶽の西、県道の反対側の林の中にある勢理客ノ殿。石組みの祠と、その前には基壇ぽい石の並び。 勢理客ノ殿の前の小道沿い、石垣に組み込まれた勢理客ノ井戸。

玉城那覇自転車道(屋嘉部〜船越〜糸数)

玉城那覇自転車道の屋嘉部〜船越〜糸数の区間。南城市構造改善センターから南部観光総合案内センターの辺りまで。

大明神

糸数入口から北へ250メートルほど進んだ左手にある。「大明神・金満・トウティク・龍宮・国番」と書かれた碑。

玉城那覇自転車道(屋嘉部〜當山〜前川)

糸数入口から350メートルほど南へ下った辺りから、おきなわワールドの前まで。玉城那覇自転車道の玉城字屋嘉部〜當山〜前川の区間。

玉城字屋嘉部にて

糸数入口から200メートルほど南へ進んだ辺り。車で通るたび気になっていた眺めの良い場所。 さらに100メートルほど南に進んだところ、法面にあるカー(かな?)。住所は、屋嘉部ではなく前川かも。

知念にて

志喜屋の集落内にあるウブ川。 山里にて。民家の車庫っぽいところの奥に祠。 具志堅にて。具志堅の樋川の道向かいにあるグシチンガー。階段の横に祠。 『知念村の御嶽と殿と御願行事』南城市知念文化協会 p46『(15) ウブ川』- 写真が掲載されている。 p101『…

アイハンタ御嶽

玉城字仲村渠のアイハンタ御嶽へ。百名交差点から北東に下る坂道の右手、小高い丘陵の上に拝所がある。

玉城字仲村渠にて

集落の北端。坂の途中にある拝所、その近くの石積み、道向かいにはそそられる階段。 仲村渠農村公園。久高島、コマカ島、タマタ島、アドキ島、アージ島が並ぶ眺望。 仲村渠樋川。

玉城字垣花にて

集落東部にある拝所。 集落内の祠。左の駐車場のようなところにも拝所。 路地の拝所。 交差点のカー。 垣花城跡の桜。

玉城字親慶原にて

親慶原コミュニティーセンターの東隣にある丘陵。階段の先に祠があるのが見えた。 親慶原大川。県営親慶原団地の北隣にある。

寒緋桜

玉城字垣花にて。

ハマジンチョウ群落

佐敷字富祖崎のハマジンチョウ群落。

佐敷〜つきしろの階段

佐敷〜つきしろの階段(という名前なのかどうかは知らないが)は、急斜面で分断されている佐敷字佐敷とつきしろをつなぐ長い階段。佐敷側の始点に行ってみた。 国道331号線から。手前の二本の椰子の木の間に見える斜面のあたりに階段がある。 もう少し近づい…