那覇市

泊南公園

泊一丁目にある泊南公園。人がいたので、入口と、右奥にある隠居のお嶽(インチュウタキ)だけをささっと撮影。 『那覇市の環境マップ』(http://www.kankyo.city.naha.okinawa.jp/) 「隠居のお嶽(インチュウタキ)」と記載。

マーチューウタキ

祟元寺通りにある大同中央病院の向かいの一方通行路に入り、すぐに左折。路地を中程まで進むと、右手の建物の壁にマーチューウタキの小さな祠がある。 『那覇市の環境マップ』(http://www.kankyo.city.naha.okinawa.jp/) 「マーチューウタキ」と記載。

金満宮

金満宮は、祟元寺通りから大同中央病院の向かいの一方通行路に入り、100メートルほど進んだ右手にある。道路沿いに「金満宮」の大きな名標があるのですぐに分かる。 真っ赤な鳥居の下に猫が倒れていた。死んでいるのかと思ったが、近づいたら起き上がって逃…

里主所ウタキ

碁打の御嶽(碁打の御嶽 - はてなダイアリー - SQB)の横の階段を上り、右側の路地を進んだ最初の分岐の右手に、里主所ウタキがある。ブロック塀で囲まれているため、覗き込まないと分からない。 「奉納」と書かれた赤い格子の祠の中に数個の石が祀られてい…

碁打の御嶽

おもろまちで買物をした後、字安里・泊一丁目を散策。那覇市の環境マップ(http://www.kankyo.city.naha.okinawa.jp/front/main.php)の御嶽マップで調べた拝所を回ってみた。 碁打の御嶽は、安里一丁目交差点から県道251号線を北へ170メートルほど行ったと…

金城ダム

ヒジ川橋と取付道路。おそらくここもヒジガービラの一部。 トマソン的かわいい階段。 貯水池。 ヒジガービラの階段は平気だったが、この階段は膝に来た。急でかつ段が高い。 ダムの管理事務所。 堤体から、水の流れる先を。芝生では子供達が野球。 アオサギ…

御茶屋御殿石造獅子

御茶屋御殿石造獅子。左奥には雨乞嶽。 公園は造成中。 iPhone のピンチアウト・ズームを初めて使ってみた。遠くに見える首里城。

御茶屋御殿跡

御茶屋御殿跡へ。現在は首里カトリック教会。 近くにある小さな公園。 公園の物見から。慶良間列島が見える。

国吉比屋の墓

ヒジガービラで一番狭い路地。たぶん。 住宅地の中にある国吉比屋の墓。 墓の入口にある拝泉。

儀間真常の墓

金城ダムからヒジガー、亀甲墓を経て儀間真常の墓へ向かう。こんな感じの階段が延々と続く。 可愛らしい番犬に吠えられる。 ご主人様に何か言われている。ちゃんと聞いている。 儀間真常の墓に到着。大きいし、敷地も広い。 階段の終端から、来た道を振り返…

ヒジガービラ

久しぶりにヒジガービラへ。金城ダムのほうから坂を登る。ブロック塀の横にある白い柱は、照明のようだった。灯りに照らされた夜の石畳道も良いかなと思ったが、この先を登り詰めると墓地だった。肝試しはいやだ。 坂の途中にある、ヒジガービラの名前の由来…

真地・字上間にて

おもろまちにて

新都心公園から南西にのびる巨大歩道橋?とその周辺を散歩。

金城にて

赤嶺にて(赤嶺緑地)

赤嶺一丁目にある赤嶺緑地へ。国道331号線沿いのバス停留所「航空隊前」の前を車で通るたび、その後方に見える「安次嶺の御嶽」の石標が気になっていた。ということで今日は、近くにあるジャスコ那覇店に行ったついでにここを訪れてみた。安次嶺の御嶽を含む…

高良にて

安謝にて

沖縄国際アジア音楽祭

県民広場地下駐車場に車を停めて地上に出ると、広場に沖縄国際アジア音楽祭のライブ・ステージが設営されていた。歴史博物館の帰りに寄ってみた。 写真は、滋賀から沖縄に移り住んで活動しているという五人組、W-D4(魔法のiらんど)のステージ。メイン・ボ…

那覇市歴史博物館『本土人が見た1950年代の沖縄』2010.03.05~05.12

那覇市歴史博物館にて開催中の写真展『本土人が見た1950年代の沖縄』を見学。写真展は二期に分かれていて、前期(3/5~4/7)は小野田正欣氏の写真、後期(4/9~5/12)は井上孝治氏の写真を展示している。今日は、前期の小野田氏の風景中心の写真の展示を見学。 那…

運転免許更新

講習が始まるまでの時間にカメラを持ってそのへんをぶらぶらしようと早めに受付を済ませたら、予定よりも一つ早い時間の講習に押し込まれて更新が済んでしまった。とっとと帰った。写真は安全運転学校の裏にある有料駐車場。 那覇東バイパスと沖縄ガス通りが…

おもろまちにて

ジュンク堂書店那覇店

先月末に開店したばかりのジュンク堂書店那覇店に行ってみた。場所は沖映大通り沿いの旧ダイエー跡。とりあえず、三階の音楽書棚だけを見てみた。バンド・スコアから理論書、読み物まで、おそらくどの楽器店よりも品揃えが充実していると思われる冊数。クラ…

高良楽器店

ジュンク堂書店の斜め向かいにある高良楽器店にも寄ってみた。ここに行くのは二十数年ぶりくらい。小物をいくつか購入。 ★★★高良楽器店★★★

仲島の大石

那覇市泉崎、那覇バスターミナル構内にある仲島の大石。この辺りがかつて海岸であったことを偲ばせるノッチ岩。祠の他に、岩の上と下にそれぞれ拝所がひとつずつある。岩の裏側には、歌碑のような石碑が立てられている。

泊配水池

上之屋(だったかな?)のバス停留所から望む泊配水池。

天久ちゅらまち公園にて

宝口樋川

那覇市首里儀保町4丁目の真嘉比川沿いにある樋川。崖下に造られていて、崖壁を覆う石積みや樋川の前の石畳も見応えがあるものだった。樋川のそばには「宝樋」の石碑、樋川へと続く石畳道の入口には史跡「紙漉所跡」がある。

加良川

那覇市首里儀保町2丁目の真嘉比川沿いにある共同井戸。ガジュマルの木の根元に水溜めがあり、その前には石畳の広場が設けられている。路地から広場へと降りる石畳道の入口には、「聖劇 玉城朝薫生誕之地」と刻まれた石碑が建てられていた。

天久にて(天久グスク、天久久場森の神)

那覇市天久にある天久グスクへ。天久ドライビングスクールの後方(西側)に見える丘陵が、グスクのあった場所。グスクの南側にある天久台病院の北側路地からグスクへ行こうと試みたが、建築工事で通行止めになっていたため通れず。南側、病院の裏口近くにあ…

この笑顔ふたたび めぐみさんと家族の記録 ‐横田夫妻の闘いの軌跡‐

沖縄タイムス・ウェブ版の記事で知った、横田めぐみさんの写真展へ。リウボウ七階のリウボウホールにて。平日の昼間にもかかわらず、たくさんの人が見に来ていた。写真の他に、めぐみさんの作文の展示や、新潟放送の提供によるビデオ映像の上映も行われてい…

石田グスク跡

那覇市繁多川にある石田グスク跡へ。写真は、石田城碑文の石碑と小さな祠。祠には、恵比寿大明神、混比羅大明神、大國大明神が祀られている。近くにある識名小学校から碑文の辺りまで、路地沿いに切石相方積みの高い石垣が続いていたが、それが城壁なのかど…

ウフガー

那覇市繁多川にて。ウフガーは、識名宮近くから識名平へと続く路地(さらに先は「首里金城町石畳道」に続いている)の入口にある。ポンプのところに開いている穴から中を覗いてみたが、真っ暗で、中がどうなっているのかは分からなかった。井戸の横は拝所に…

金城ダム

展望広場から首里金城町・首里城方面を望む。

真地にて(県庁壕)

識名霊園の中をさまよっていたら、「県庁壕」と書かれた標識を見つけた。その壕を探してみたら、霊園の奥の奥の奥、墓に囲まれた狭い場所にあった。木の下に、人ひとりがやっと入れるほどの狭い入口がある。

那覇市天久にて

リウボウ楽市の裏に停められていた自転車。自転車欲しいなあ。車に積める小さな折り畳み自転車。

泊大阿母拝所

那覇市泊にある泊大阿母拝所へ。泊大阿母拝所は、泊幼稚園に隣接する泊北公園の一画にある。泊大阿母拝所の祠の周囲には、井戸の拝所、土帝君の拝所、何と書いてあるのかはよく分からない石碑が立っている拝所があった。

安里(浮縄御嶽)

那覇市安里にある浮縄御嶽へ。祟元寺石門から歩いてすぐのところにあった。

崇元寺石門

那覇市泊にある祟元寺へ。石垣と石門、祟元寺下馬碑、祟元寺御嶽などを観て回った。

がじゃんびら公園

那覇市金城にあるがじゃんびら公園へ。漢字をあてると「蚊坂公園」。すごい名前。がじゃんびら公園は、金城と山下町の境の断崖上にある。公園の北端にある眺望広場からの眺めがとてもよかった。那覇港湾が一望でき、湾岸にある御物グスクや三重城などがよく…

北森御嶽

那覇市首里儀保町にある北森御嶽へ。書籍などでは「西森御嶽」と表記されているが、「西」というのは当て字で、現地の案内板の表記は「北森御嶽」となっていた。「北森御嶽」と書いて「にしむいうたき」と読むのが良さそう。 御嶽は、末吉公園の東端に隣接す…

弁ヶ岳公園(弁ヶ嶽)

首里鳥堀町にある弁ヶ岳公園へ。公園は小高い丘陵になっていて、その中央を参詣道が東西に横切っている。参詣道の東側の丘陵が弁ヶ嶽の大嶽(神名:玉ノミウヂスデルカワノ御イベヅカサ)で、西側が小嶽(神名:天子(テダコ))となっている。小嶽には、首…

第8回 沖縄県産本フェア

リウボウブックセンターリブロ(デパートリウボウ7階)で本日から開催されている、沖縄県産本フェアに行ってきた。目当ての本が何冊かあったのだけれど、通常の書店では見かけない市町村史コーナーがあったので、そちらを中心に物色。東風平町教育委員会『…

西にて

御物グスク

那覇市垣花町にある御物グスクへ。グスクは那覇軍港内にあり、立ち入ることができないため、周辺をうろうろ。御物グスクの北側にある那覇埠頭からは、手前に停泊している作業船に隠れ、グスクの北半分しか見えなかった。写真は、グスクの南側に回り込み、奥…

上山中学校(ハナグスク跡?)

那覇市久米にある那覇市立上山中学校へ。沖縄県立埋蔵文化財センターの GIS 遺跡地図によると、上山中学校の運動場とその周囲一帯がハナグスクの跡であるようだ。しかしながら遺跡情報のほうには、ハナグスクの所在地が「那覇市金城1丁目25番11号」、調査概…

那覇市歴史博物館『国宝琉球国王尚家関係資料展「琉球王国の煌めき」』

今月8日にパレットくもじ内に開館した、那覇市歴史博物館へ。『国宝琉球国王尚家関係資料展「琉球王国の煌めき」』(7月8日~8月30日)を見学。王御冠や唐衣装、木綿・芭蕉衣装、刀、古文書、近代の写真等々の展示。博物館のある四階は、婦人服などの女性向け…

識名園

真地にある世界遺産、識名園へ。前回写真に撮り忘れた、育徳泉のシマチスジノリ(淡水藻)、育徳泉碑、勧耕台等々を観て回った。 識名園 - sqb のブログ

屋良座森グスク

那覇市住吉町にある屋良座森グスクを、対岸にある三重城から望む。『グスク探訪ガイド』(名嘉正八郎、2002年、ボーダーインク、asin:4899820240)によると、屋良座森グスクは写真の丸印の辺りにあったのだそうだ。

三重城

那覇市西にある三重城へ。三重城は、ロワジールホテルの裏、那覇港湾北岸の岩の上にある。グスク入口には鳥居が建てられており、その向こうには海上保安庁の施設らしい高い建物がある。その後方に芝の広場が広がり、広場の奥には小さな神殿が建てられている…

真珠道、首里金城町石畳道

那覇市の首里金城町石畳道へ。前回行き忘れた上ヌ東門ガー、真珠道島添坂、崎山遺跡を見てまわり、内金城嶽の内金城ヌ大嶽と内金城ヌ小嶽それぞれに祀られている石を確認。