与那原町字与那原(東名大主、阿知利世主、御殿山)

与那原開拓の祖である東名大主が祀られている拝所。与那原町役場の北向かい、同役場駐車場の右手奥にある。拝所の大きな祠の周囲には、井戸跡(ウシタ井)、北向きの小さな祠(弁ヶ嶽への遥拝所)、西向きの小さな祠(今帰仁への遥拝所)がある。
f:id:SQB:20170927162916j:plain
f:id:SQB:20170927162923j:plain
f:id:SQB:20170927162930j:plain
f:id:SQB:20170927162937j:plain

参考


中島区(かな?)の住宅地の真ん中を東西に横断する道路沿いにある拝所。阿知利というのはこの辺りの地名らしい。これも与那原集落の発祥に関わる人に由来する拝所か。
f:id:SQB:20171004155254j:plain
f:id:SQB:20171004155229j:plain
f:id:SQB:20171004155235j:plain
f:id:SQB:20171004155246j:plain

参考


与那原町コミュニティーセンター(与那原町立図書館)の裏、ゲートボール場横の川沿いにある拝所。東御廻りの巡拝地のひとつで、聞得大君の御新下り(即位式)の際の休憩所があった場所でもある。かつてはこの辺りに御殿山という小高い丘があり、その上にお宮があったという。ウェブやものの本の記述を総合すると、浜ノ御嶽(神名:アマオレツカサ)への遥拝所、浜ノ御殿がそのお宮なのかもしれない。
f:id:SQB:20171023164050j:plain

参考