読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賀数(嘉数ウチグスク遺跡、嘉数高台公園、小禄墓)

宜野湾市嘉数にある嘉数ウチグスク遺跡の周辺を散策。写真の丘陵の頂部一帯が、嘉数ウチグスク遺跡。丘陵の東側(写真では手前側)の路地から丘陵頂部方向へと向かって延びる小道が三本あったが、二本は個人宅へと続く道で、その先は行き止まりになっていた。残りの一本は、介護施設ぎのわんおもと園の敷地内へ入る道。丘陵の西側は墓地及び宅地になっており、丘陵頂部への進入路はなかった。というわけで、遺跡には近づけず。
f:id:SQB:20170523162950j:plain

おもと園入口の右横に「六十二師団 独歩二十三大隊慰霊碑 入口」、「球一四二一二下田部隊 慰霊碑 入口」という標識が立てられており、その後方に細い下り階段が続いていた。遺跡周辺を一通り回った後でそこに行ってみようと思っていたのだけれど、忘れて帰ってしまった。またいずれ。
f:id:SQB:20170523163110j:plain

嘉数高台公園へ。散歩がてら、展望台周辺の慰霊碑や拝所、遊歩道沿いにある地蔵尊や石獅子の写真を撮った。拝所とトーチカ跡で、年配の(若い人もいたかもしれない)女性数人が御願をしていた。
f:id:SQB:20170523163834j:plain
f:id:SQB:20170523164055j:plain
f:id:SQB:20170523164102j:plain
f:id:SQB:20170523164111j:plain
f:id:SQB:20170523164355j:plain
f:id:SQB:20100225203729j:plain
f:id:SQB:20100302205238j:plain
f:id:SQB:20170523164116j:plain

宜野湾市嘉数、比屋良川河岸にある小禄墓へ。小禄墓の近くに架かっている橋には、「比屋良川」ではなく「宇地泊川」と表記されていたが、どちらが正しいのだろう?
嘉数高台公園の北側路地沿いにある「小禄墓」の標識までは、以前にも行ったことがあるのだけれど、そこから先への進み方がわからなかったので、今回再挑戦してみた。標識脇の道に入り、「宗像堂」という、外人住宅を利用したパン屋さんの建物の左側から裏に回り込むように進むと、小禄墓へと下る小道が見えた。その小道を下りきると、比屋良川に到着。右手の崖の中腹に、小禄墓はあった。小禄墓の周辺にも、崖葬墓の跡がいくつもあった。
小禄墓から県道241号線にかけて河岸工事をしているようで、現在は立ち入れないが、工事が完了したら県道から川に沿って小禄墓に行けるようになるかもしれない。
f:id:SQB:20170523164900j:plain
f:id:SQB:20170523164905j:plain
f:id:SQB:20170523164910j:plain
f:id:SQB:20170523164914j:plain