読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦添市美術館『ピカソと20世紀美術の巨匠たち』2010.02.06~03.28

浦添市 写真

浦添市美術館へ。6日から開催されている企画展『ピカソと20世紀美術の巨匠たち』を見学。祝日ということもあり、駐車場がとても混んでいた。空きが出るまでしばらく待って駐車。暑い中、建物までてくてくと歩く。半袖にすれば良かったと後悔。


通路への展示や最初の方の展示室は、ガラスへの写り込みがひどくてとても見づらかった。顔の横に手をかざして影を作ってみたり、しゃがんで角度をつけて観たりなどする人もいた。ひととおり観て印象に残ったのは、パブロ・ピカソマンドリン、コンポート、大理石の拳』(1925)、アルチュール・セガル『港』(1921)、アメデオ・モディリアーニアルジェリアの女』(1917)、ジョゼフ・アルバース『正方形へのオマージュ:緑の香り』(1963)、フランツ・ジョゼフ・クライン『スクラントン』(1960) 等々。ポップじゃない抽象画とか、好きかもしれない。


常設展の琉球漆器などを観て、グッズ販売コーナーで図録とファスナーバッグを購入。帰路へ。