ヒジガービラ

久しぶりにヒジガービラへ。金城ダムのほうから坂を登る。ブロック塀の横にある白い柱は、照明のようだった。灯りに照らされた夜の石畳道も良いかなと思ったが、この先を登り詰めると墓地だった。肝試しはいやだ。



坂の途中にある、ヒジガービラの名前の由来であるヒジガーには入れず。草が伸びていて足元が見えなかった。


墓地猫。そんな端っこで寝なくても。


帰り道。雨の日はおそらく滑って歩けないだろう。


とどめの急な階段。