アガリヌ・シーサー

アガリヌ・シーサーは、真玉橋公民館の百メートルほど東、集落内の、掲示板のある十字路の角に座る。くりっとした目玉の愛嬌のある顔。