与那原町(与那原、上与那原)

与那原

中島区の石獅子(東)

字与那原の中島区の石獅子。国道331号線からだと、オリオン通りの斜向いの一方通行路に入ると行きやすい。一方通行路のちょうど終端にこの石獅子がいる。進入禁止の標識が目印。



中島区の石獅子(西)

東の石獅子の前を横切る通りを西(えびす通り向け)に一区画進んだ角に、中島区のもう一体の石獅子が鎮座している。



新島区の石獅子(東)

えびす橋から見たえびす通り。

えびす橋からえびす通りを国道331号線向けに50メートルほど進んだ交差点の手前右角に、新島区の石獅子がいる。



宗之増

えびす通りから綱曳資料館に行く道の向かいの道(一方通行路の出口)に入り、左手二件目の住宅の駐車場奥に宗之増がある。奥の方の古い史跡標柱には「竿之増」と書かれている。(参考:『与那原町の史跡』(1995年7月 与那原町教育委員会):p34 宗之増(ソウヌマシ)。「竿之増」とも。与那原発祥の門家を祀った神屋)


拝所(えびす通り側出口の近く)

宗之増の前の通りの、えびす通り側出口の近くにある拝所。何の拝所だろう?

第2オリオン通り

国道331号線沿いにある第2オリオン通りの入口。道向かいから。

オリオン通りだけあって(?)オリオンビールのケースがずらり。

昼間はこんな感じ。

終端は階段。その先は上ノ森公園。

上之殿

与那原町商工会館の駐車場にある上之殿。史跡標柱の文字はかすれていて読めなかった。(参考:『与那原町の史跡』(1995年7月 与那原町教育委員会)、与那原町立綱曳資料館『与那原町立綱曳資料館/文化財/上之殿』(参照日:2018年06月25日))



平和之塔、慰霊塔

与那原町交流センターひざしの左(西)隣にある、平和之塔と慰霊塔。(参考:『与那原町の史跡』(1995年7月 与那原町教育委員会):p28 平和の塔。今大戦による戦没者を慰霊。上之毛からここに移転された)


フブキバナとテンニンギク

町役場近くの花壇にて。

上与那原

拝所 火の獅子

上与那原交差点(大里入口)から大里向け250メートルほどのところで右折、70メートルほど進んだ右手、駐車場の前に拝所火の獅子がある。(参考:『与那原町の史跡』(1995年7月 与那原町教育委員会):p28 火の獅子(シイサア)大里古堅の獅子に対抗して設置された。与那原町立綱曳資料館『与那原町立綱曳資料館/文化財/火の獅子(石獅子)』(参照日:2018年03月13日))



石敢当と面シーサー


与那原

東名大主

与那原町役場の道向かいの駐車場にある東名大主。

ウシタ井。

弁ヶ嶽への遥拝所。

今帰仁への遥拝所。

東浜に建物が増え、ここから見える景色も少し変わった。(参考:与那原町立綱曳資料館/文化財/東名大主 ウシタ井(参照日:2018年01月15日))


上ノ森公園

近くを通りかかったので、まだ行ったことのなかった上ノ森公園に入ってみた。

ゲートボール場とテニスコートがあり、利用者でにぎわっていた。

かなりの巨木を伐採した跡が何本も。



道すがら

道すがら色々。

旧海岸線沿いに軒を並べる材木店からは、切ったばかりの木材から良い香りが漂っていた。