ヌルのお墓・按司のお墓

南城市遺跡分布地図で見つけた古墓群へ。地図での表記は「古墓群(ヌル墓・ウツーヌアジシー・仲村渠のアジシー)」となっている。


障がい者支援施設「鵠生の叢」の駐車場の右横にある砂利の下り道に入り、送電線の鉄塔を目指す。


鉄塔の手前で左へ。


曲がった正面の林縁に標柱が見える。


「ヌルのお墓・按司のお墓・入口」と記された標柱。後方のコンクリートの階段を上る。


コンクリートの階段は途中までで、足場が石と木の根に変わる。写真では分かりづらいが、右にも道があって分岐しているように見える。


崖の中腹にある墓に到着。


手前のほうにある墓と碑。「麻氏先代祖〓(𤇾に土)」と刻まれている。


奥の墓へ続く短い階段にある拝所。


奥の墓と碑。こちらの碑は「大城のろくもい・先之祖」と。


碑の向こう側、一段低いところにある墓。階段の途中にあった分岐はおそらくここに続いているのでは。


入口の前の道。大城集落まで続いているようだった。

2013.05.11

『大里村文化財調査報告書第7集 大里村の民俗文化財』2005年12月 沖縄県大里村教育委員会

同書で確認。下記の記載がある。「大城のろくもい・先之祖」がヌル墓。「麻氏先代祖〓(𤇾に土)」がウツーヌアジシー。図版288「仲村渠のアジシー」には、碑の無い石積み墓の写真が掲載されていた。一段低いところにある墓とよく似ていたが同定はできず。真正面から見て比べると分かるかも。

  • p36 (9) 古墓群(ヌル墓、ウツーヌアジシー、仲村渠のアジシー)
  • p80 図版286 ヌル墓
  • p80 図版287 ウツーヌアジシー
  • p80 図版288 仲村渠のアジシー
  • (頁番号失念)地図