糸満市字真栄平(真栄平グスク、ブリ原グスク?、南北の塔、真栄平公民館)、糸満市字新垣(ソージガー、真壁グスク遠景)、糸満市字米須(徳元門中之拝所)、糸満市字大度(拝所)

平和祈念公園を拠点に、仲座〜新垣〜米須をポタリング

国道331号線を北上、仲座交差点に向かう。

仲座交差点を西へ。県道250号線。

真栄平集落に入り、集落の後方にある丘陵上部へ。真栄平グスク遠景。

ブリ原グスクを確認。この辺りらしいが、畑と原野と農道があるのみ。拝所などは見つけられなかった。

南北の塔。私が参拝する前に、数人のグループがタクシーで参拝に来ていた。

南北之塔。

塔の右側には個人墓碑がずらり。その奥にガマが口を開けている。

真栄平自治会からのお願い「個人墓碑の移動について」。

南北之塔を後にし、集落の網の目の路地を巡る。農村公園風の広場のある区画の隅にある拝所群。

真栄平公民館。

真栄平集落を後にし、県道250号線をさらに西へ進む。新垣集落。

県道沿いにあるソージガー。

ソージガーの近くにあるカー。

新垣交差点を南へ。県道7号線を南下する。真壁グスク遠景。

県道沿い、真壁小学校に隣接する徳元門中之拝所。

米須交差点を東へ、国道331号線でスタート地点を目指す。大度の辺り。

国道沿いの拝所。

参考 2014.06.01

糸満市文化財調査報告書第1集 糸満市の遺跡』1981年2月 糸満市教育委員会
  • p60「73. ブリ原(バル)グスク」説明、写真
    • 真栄平部落東側の丘陵上にある。
    • 「南北の塔」と対面する箇所にある。
    • 標高約84m。
    • 北約200mに真栄平グスクがある。
    • 南約800mに宇江城グスクがある。
    • 3、4ヶ所に野面積みの石垣がある。
    • 拝所跡の遺構がある。
  • 図-20「73 ブリ原グスク」写真

⇒ 上記写真の場所も含み、東へ数100メートルほどの広がりを持つ場所が図示されているが、区画整理され地形が変わってしまっている。

参考 2017.02.28

糸満市『南北の塔』(http://www.city.itoman.lg.jp/kankou-navi/docs-kankou/2013022300292/)(参照日 2017年2月28日)
  • 南北の塔にあるガマは「アバタガマ」。