摩文仁にて(健児之塔入口の拝所、風部隊之碑、独立臼砲第一連隊戦没者英霊之碑、南冥の塔、金井戸川、摩文仁の海岸、沖縄師範健児之塔)

健児之塔入口。仏像と鳥居のある小さな祠、大きなコンクリートの構造物。後者には漢文が刻まれた石板が貼られている。


風部隊之碑。陸軍航空部隊のうちの二部隊の戦没者が祀られている。

独立臼砲第一連隊戦没者英霊之碑。左側に個人の慰霊碑。

南冥の塔。この辺り一帯の兵士・住民の遺骨を祀るために建立された。ほとんどの遺骨は沖縄戦没者墓苑に合祀され、ここには分骨された一部の遺骨が祀られている。塔の後方にある洞窟の入口横に、たくさんの個人の慰霊碑が立てられている。

海岸に降りる道の途中にある金井戸川。以前は割れていて下半分しか無かった名標を確認。水の中にはエビや小魚。



摩文仁の海岸。

最後に沖縄師範健児之塔。