南城市(玉城字糸数)

糸数集落内を散策。

糸数樋川とカマンカジ

糸数樋川(イトカズヒージャー)とカマンカジの入口。
f:id:SQB:20200601204314j:plain

こんな状態だったので、今回は見学を諦めた。
f:id:SQB:20200601204321j:plain

石獅子(カンザーヤー出口)

集落内に四体ある石獅子のうちの一体。以前訪れたときにはなかった標柱が立てられていた。
f:id:SQB:20200601204635j:plainf:id:SQB:20200601204642j:plain

クラサ小

糸数公民館の南東、70メートルほどのところに標柱を見つけた。「クラサ小(ぐゎー)」。f:id:SQB:20200601205441j:plainf:id:SQB:20200601205448j:plain

木の根元に「獅子の台座」の名標。コンクリートに何か刻字されているようだったが、読み取れなかった。(参考:南城市教育委員会南城市の御嶽』2018(平成30)年、p229)
f:id:SQB:20200601205456j:plain

コンクリートと鉄パイプの構造物。何だろう。
f:id:SQB:20200601205504j:plain

米須

糸数公民館の南東、50メートルほどのところにある神屋・米須(クミシ)。(参考:南城市教育委員会南城市の御嶽』2018(平成30)年、p226)
f:id:SQB:20200601210527j:plain

糸数公民館

集落の中央部にある糸数公民館。前に車が停められていてちゃんと見ることができなかったが、集落のガイドマップが設置されていた。
f:id:SQB:20200601211107j:plain

石獅子(サーターヤー出口)

糸数壕入り口近くに鎮座する石獅子。
f:id:SQB:20200601211409j:plainf:id:SQB:20200601211418j:plain

糸数アブチラガマ案内センター

糸数アブチラガマ案内センター。「南部観光総合案内センター」から名称が変わったようだ。(糸数アブチラガマ案内センター(旧南部観光総合案内センター) | らしいね南城市
f:id:SQB:20200602114224j:plain

建物の道向かいに、高射砲や魚雷?の展示。特に説明板などはなかった。
f:id:SQB:20200602114142j:plainf:id:SQB:20200602114149j:plainf:id:SQB:20200602114157j:plainf:id:SQB:20200602114204j:plainf:id:SQB:20200602114211j:plainf:id:SQB:20200602114217j:plain


2020.05.31