金武町(伊芸)

金武町の伊芸集落を散策。

コスモス畑

集落北部のコスモス畑。
f:id:SQB:20190215173706j:plain
f:id:SQB:20190215173711j:plain
f:id:SQB:20190215173716j:plain

拝所

コスモス畑の近くにあった、水溜めのある拝所。
f:id:SQB:20190215173721j:plain

伊芸地区集会所

茶色い屋根の伊芸地区集会所。
f:id:SQB:20190215173727j:plain

伊芸地区公民館

f:id:SQB:20190215173732j:plain

ノロ殿内

集落内にノロ殿内。
f:id:SQB:20190215173739j:plain

ノロ家。
f:id:SQB:20190215173744j:plain

こっちがノロ殿内?
f:id:SQB:20190215173750j:plain

奥の方に祠。前面に「皇紀二千六百年記念」と刻まれている。
f:id:SQB:20190215173801j:plain

八重瀬町(宜次)

今日は、八重瀬町字宜次の集落内をポタリング

宜次の北東の端あたりにある、宜次(東)交差点から集落へ進入。
f:id:SQB:20190212170203j:plain

集落のランドマーク、県営外間団地。
f:id:SQB:20190212171525j:plain

宜次公民館

f:id:SQB:20190212173330j:plain

宜次グラウンド(黄金団地碑、龕屋)

正式になんと呼ぶのかはわからないが、とりあえず、入口の貸出料金表に記載されていた「宜次グラウンド」と。

グラウンドの南端、外壁の上に乗る黄金(くがに)団地の碑。この辺りの宅地の造成完了記念碑のようだった。
f:id:SQB:20190212173932j:plain

野球のグラウンドと、奥にはテニスコート2面くらいの広場。
f:id:SQB:20190212174433j:plain

出入り口の内側にある、宜次農村広場の芳名碑。
f:id:SQB:20190212174655j:plain

グラウンド南端にある龕屋。(参考:『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年3月、東風平町教育委員会、p137, 144-A)
f:id:SQB:20190212174915j:plain
f:id:SQB:20190212174922j:plain

くばが橋

集落北部の丘の上にかかる、くばが橋。
f:id:SQB:20190214164500j:plain
f:id:SQB:20190214164507j:plain
f:id:SQB:20190214164515j:plain
f:id:SQB:20190214171151j:plain

上元ヌカー

くばが橋から東に延びる坂道を下ったその先にある上元ヌカー。(参考:『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年3月、東風平町教育委員会、p143, 144-A)
f:id:SQB:20190214170127j:plain

子ヌ方のシーシ(?)

子ヌ方のシーシを探していてこれを見つけたけれども。(参考:『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年3月、東風平町教育委員会、p141, 144-A)
f:id:SQB:20190214170830j:plain

字外間前乃御嶽

営団地の南の出入口にある字外間前乃御嶽。(参考:『殿・御嶽・井戸調査報告書』2003年3月、東風平町教育委員会、p132, 144-A)
f:id:SQB:20190214165545j:plain
f:id:SQB:20190214165553j:plain

南風原町(与那覇、大名、新川)、那覇市(首里石嶺町、首里鳥堀町、首里当蔵町、首里真和志町、首里金城町、首里寒川町、三原、与儀)

今日は首里石嶺町の火立毛へ。往路、遠目に与那覇グスクを確認、南風原町町道10号線の激坂を登る。復路は首里、三原、与儀あたりをぶらついて帰った。

南風原町

那覇

那覇グスク

造成中の与那原バイパスのコースに入ってしまった与那覇グスクの丘陵。鉄塔が移動され、丘も削られたような気がする。
f:id:SQB:20190202220011j:plain

大名

照喜名商店のあった交差点から町道10号線の激坂へ。
f:id:SQB:20190202225128j:plain
f:id:SQB:20190202225133j:plain

新川

最高所を超えた。標高100メートルちょっと。
f:id:SQB:20190202225950j:plain

沖縄自動車道にぶつかったら右折。
f:id:SQB:20190202230712j:plain

自動車道の下をくぐる。
f:id:SQB:20190202230719j:plain

立海邦中学校・高等学校。左奥は弁ヶ岳。
f:id:SQB:20190202230724j:plain

建築中の海邦高校の寮。
f:id:SQB:20190202230731j:plain

新川配水池。火立毛は配水池の北東にあるので、これが目印になる。
f:id:SQB:20190203000125j:plain

那覇市

首里石嶺町

火立毛

新川配水池の北東にある丘が火立毛。手すりのある階段が入り口。ぽつりぽつりと墓のある小さな広場の東部に、火立毛の碑が立てられている。眺望も良し。(参考:『火立毛 | 那覇市観光資源データベース』(参照日:2019年2月4日))
f:id:SQB:20190203001229j:plain
f:id:SQB:20190203001234j:plain
f:id:SQB:20190203001240j:plain
f:id:SQB:20190203001244j:plain
f:id:SQB:20190203001253j:plain
f:id:SQB:20190203001257j:plain
f:id:SQB:20190203001302j:plain
f:id:SQB:20190203001306j:plain

火立毛を後にし、県道28号方面へ。住宅地の路地をぶらっとポタリングしてみたが、行き止まりが多く迷路のよう。
f:id:SQB:20190203132920j:plain

首里鳥堀町

首里城方面へ。

国王頌徳碑

龍潭通り沿いにある国王頌徳碑。
f:id:SQB:20190203152412j:plain

首里当蔵町

首里金城町

一中健児之塔

玉陵の裏の通りで一中健児之塔の標識を見つけたので訪ねてみた。養集会館の裏の駐車場の奥にある。
f:id:SQB:20190203203210j:plain
f:id:SQB:20190203203223j:plain
f:id:SQB:20190203203227j:plain
f:id:SQB:20190203203236j:plain
f:id:SQB:20190203203242j:plain
f:id:SQB:20190203203247j:plain
f:id:SQB:20190203203254j:plain

赤マルソウ通りにて。
f:id:SQB:20190203204133j:plain

首里寒川町

寒川公民館

寒川公民館の銘板。階段の左にある、あの建物がそうかな。
f:id:SQB:20190203204834j:plain

三原

松川公園(安里村射的場跡)

南北に細長い松川公園。長さ150メートルほど。西の端に安里村射的場跡の説明板が設置されていた。
f:id:SQB:20190203212409j:plain
f:id:SQB:20190203212416j:plain
f:id:SQB:20190203212423j:plain
f:id:SQB:20190203212428j:plain

与儀

なんか撮りたくなる与儀十字路の歩道橋。
f:id:SQB:20190203214335j:plain
f:id:SQB:20190203214343j:plain
f:id:SQB:20190203214353j:plain