北中城村字熱田(熱田マーシリー)

北中城村字熱田にある熱田マーシリー(マーシリーグスク)へ。熱田マーシリーは、国道329号線沿いにある、樹木で覆われた大岩と小岩。
f:id:SQB:20170912143946j:plain
f:id:SQB:20170912143954j:plain

二つの岩の間は窪地になっていて、昨日までの雨のせいか、かなりの量の水が溜まっていた。
f:id:SQB:20170912144001j:plain
f:id:SQB:20170912144007j:plain

小岩の南側には、低い石垣で囲まれた三坪ほどの小さな庭のようなものがあった。拝所だということだが、香炉は置かれていなかった。北中城村のウェブ・サイトによると、熱田マーシリーには、白川桃原樽金と真鍋樽という、結ばれることなく死んでしまった美男美女がここに合葬されたという伝説が残っているのだそうだ。この拝所が、その墓なのかもしれない。
f:id:SQB:20170912144018j:plain