豊見城市字豊見城(フスミウタキ、フスミ井、梵字石敢當、御殿井、テーグスク)

豊見城市豊見城へ。県道七号線沿いにあるバス停留所豊見城」の近くにあるコンビニエンス・ストア右脇の路地を入り、豊見城公民館の後方にあるテーグスク近くまでを散策。以下の五カ所の他に井戸を二つ見つけたが、車を停める場所が無かったので、それらの写真を撮るのはあきらめた。


コンビニ脇の路地に入り、少し歩いたところにあるフスミウタキ。路地の角に小さな広場が作られ、その片隅に小さな祠があった。


フスミウタキの裏の、ウタキよりも少し低い場所にあるフスミ井。頑丈そうな井戸の祠と、その隣に小さな祠。


豊見城公民館の隣の区画、路地沿いのブロック塀に埋め込まれている梵字石敢當



豊見城公民館の裏、路地沿いにある御殿井の拝所 。


御殿井の道向かいにあるマンションと、その横の砂利道。砂利道の突き当たりに見える林一帯がテーグスク。路地の入口に立入禁止の看板が置かれていたので、写真はここまで。テーグスクのある辺りは私有地なのかもしれない。

参考