うるま市(勝連南風原)

勝連城跡

三の曲輪

三の曲輪城門(四脚門)

三の曲輪の門。屋根を支える四本の柱のためのものと考えられる、城壁のくぼみが確認できる。
f:id:SQB:20201115213752j:plainf:id:SQB:20201115213758j:plainf:id:SQB:20201115213807j:plain

トゥヌムトゥ(神人の腰掛け)

三の曲輪の中央付近にあるトゥヌムトゥ。祭祀の際に腰掛けるために並べられた石。
f:id:SQB:20201116202203j:plainf:id:SQB:20201116202211j:plain

すり鉢状遺構

粘土や石が張り付けられた、すり鉢状の遺構が地中にある。
f:id:SQB:20201116202823j:plainf:id:SQB:20201116202830j:plain

肝高の御嶽

トゥヌムトゥやすり鉢状遺構の近くにあるこの辺りが、肝高の御嶽(きむたかのうたき)。おそらく。
f:id:SQB:20201116203645j:plainf:id:SQB:20201116203652j:plainf:id:SQB:20201116203658j:plain

二の曲輪基壇・舎殿跡

三の曲輪の上にある、二の曲輪の基壇と舎殿跡。
f:id:SQB:20201116204500j:plainf:id:SQB:20201116204453j:plainf:id:SQB:20201116204446j:plain

三の曲輪の城壁

四脚門近くの城壁。この辺りから、幼児の人骨が出土したそうだ。
f:id:SQB:20201116205108j:plain

三の曲輪から平安座島浜比嘉島方面を望む。
f:id:SQB:20201116204847j:plain

2020.11.14