豊原の井戸

県道77号線のバス停留所「豊原」の近くから豊原公民館へと続く農道沿いにある井戸。二つの大きな井戸口はコンクリート・ブロックで囲われ、囲いの一部は香炉が置かれた拝所になっている。右横の碑には「一九五一年十月改修」と刻まれている。

少し離れたところにも、拝所を持つ別の井戸がある。

2014.02.02 参考文献『糸満市史 資料編13 村落資料 ー旧高嶺村編ー』(平成25(2012)年3月29日 糸満市編集委員会

  • p33 第1章 豊原 第8節 祭祀と信仰 3. 拝所とカー (2) カー
    • チンガー・ンブガー
    • 図5 1954(昭和20)頃の字豊原(第二与座)に写真「(1) チンガー」
  • p36
    • 写真「チンガーモー西側のンブガー(2012年)」

大きな井戸は「チンガー」、その右側にある井戸は「ンブガー」。